自転車保険 比較 盗難

自転車保険 比較 盗難

 

自転車事故に備える保険、
いわゆる自転車保険に該当する
保険商品は基本的に、盗難には対応しません。

 

 

理由は、基本的に傷害保険なら可能ですが、
個人賠償責任保険特約の場合は、
契約者本人には保険金が支払われないからですね。

 

 

現在単独で自転車盗難保険を単独で提供しているのは、
ジャパン少額短期保険株式会社の
「ちゃりぽ」のみのようです。

 

 

 

 

では盗難に備える自転車保険はないのか?
といえば、それは損保ジャパンの新住宅総合保険や、
傷害保険のレジャースポーツ保険などの
契約の中にそれを保障するものがあります。

 

 

なぜ住宅総合保険が自転車盗難に使えるのか、
といえば、それは「家財が野外にある盗難」を
保障する内容が、この保険に含まれているからです。

 

自転車を家財とするわけで、この契約には
時価など、経年劣化を含めた家財の金額を
契約時に決める必要があります。

 

時価とは、同等の物を購入する金額から
経年や使用による消耗分を差し引いた
価値のことで、自転車も該当するでしょうね。

 

スポーツタイプのロードバイクなどは、
非常に高額なケースがあるため、自宅で
火災保険に加入している場合は、更新時に
特約であるかどうかを確かめるといいでしょう。

 

 

家財だけに集約した保証の保険商品も出ているので、
高額なロードバイクだけ保険に入れたい場合などは、
この保険が利用価値がありますね。
家財だけ加入させる方法があるので、利用価値はあります。

 

ロードバイクは、メーカーや販売店によっては、
民間の保険会社と提携して
盗難保険に入れるケースもあります。

 

国内旅行のレジャー保険で、携行品盗難補償を
自転車盗難に対応させることもできますが、
補償が一般自転車購入なら充分といった程度で、
加入条件に自転車が含まれるかどうかは、
保険会社によって異なります。