自転車保険 家族型

自転車保険 家族型

 

自動車保険の一部には、オプションで
個人賠償、傷害保険特約がサービスで付けられますから、

 

まず家族をお持ちの自動車運転をしている
世帯主などは、自分の保険にそれらサービスが
付けられるか確認したほうが良いですね。

 

 

 

 

個人賠償保険は、自動車賠償責任保険(強制保険)、
いわゆる自賠責保険は大体特約が付けられませんので、
俗に言う自動車保険(任意保険)の
特約にサービスがある場合が多いです。

 

 

その場合は、家族全員を補償対象にした場合は、
保険料自体は保険会社にもよりますが1万前後は
年間保険料が引き上がる感じですね。

 

補償が大きいのは、賠償保険ですのでバイクの場合も、
特約にそうした個人賠償特約がないか確認したほうがいいでしょう。

 

次に手軽なものとしては、携帯やスマートフォンなどの
通信事業者が提供する自転車保険、
旅行保険などの特約ですね。

 

これらは、旅行保険などは「傷害保険」の
分類になるので、自分が自転車に乗っていて
ひき逃げにあった場合などを想定した場合、
補償はこういった賠償ではない保険に加入することになります。

 

 

 

 

基本的には、傷害保険金の上限は死亡で400万
怪我や入院は日額3,000円前後という補償が多いですね。

 

最近では、この傷害保険に個人賠償を追加して、
全体として自分と被害者側双方をカバーする
自転車保険を提供する事業者も出てきました。

 

この場合は、個人賠償として家族を含めても
補償は1億円と、自転車事故で
人身を起こしたケースでも安心という感じです。

 

毎月100円という保険料もありますが、
こちらは個人賠償だけで家族は含まれません。
家族全員を含めると、年間2万程度が相場だと思います。

 

次に家族を補償する保険としては、
住宅総合保障という保険商品、
いわゆる地震保険、火災保険などを加えた
住宅用総合損害保険で、その特約の中に
個人賠償保険、傷害保険が特約として
提供されていることが多いので、

 

家族で自動車免許を持たない場合でも、
加入して特約を自転車事故に対応させることも可能です。

 

賠償金、つまり相手に支払う保険金で上限が
大きいのは以上の3つのパターンですね。

 

保険を一つで管理したいのなら、
賠償保険はほとんどが1年更新ですから
自動車保険の特約を利用する方が良いですし、
子供が高校生などで自転車通学で
頻繁に利用するというのなら、個人契約の
携帯やスマホの通信事業者の損害保険のサービスを
個別で契約して、限定的に自転車保険としてもいいでしょう。

 

 

誰も運転免許証など持っていないという世帯では、
住宅総合保険の個人賠償保険特約が、
自転車保険として利用でき、補償も比較的大きいです。