自転車保険 東京海上 特約

自転車保険 東京海上 特約

 

東京海上日動の自転車保険は、
自転車運転中に契約者とその家族が
自動車接触事故などで、怪我をした場合などは、
自動車保険の賠償責任保険に人身傷害保険の
基本補償を加えることでカバーされます。

 

 

基本は自分の自動車運転中の事故に対して、
搭乗中の事故に対する補償の特約として、
それ以外、契約車両以外の車や
家族を保障する部分を上乗せする感じですね。

 

 

 

 

通常、賠償責任保険は
「自動車運転中の車両と搭乗者」に対する補償で、
通常、過失相殺で、相手側と自分の被害額で
差額を計算されますが、人身傷害は

 

「人間」に対する補償なので、この特約をプラスすると、
相手方の過失割合が自分を上回り、
総額8,000万以上ならその限度額まで受け取れるので、

 

自分や家族が自転車に乗って通勤、通学をする方で
国道など交通の激しい場所を通る人などは、
対自動車では過失が常に自動車側になりますから、
加入するといいでしょう。

 

それ以外に、東京海上日動では「超保険」があるので、
傷害保険部分の保障で対自動車を考えるなら、
損保と生保がくっついたこちらの保険の特約を利用して
自動車保険の人身傷害を契約者だけに
絞って対応できるかもしれませんね。

 

 

 

 

自転車事故で最近問題になる、自転車側の
過失事故に関しては、「トータルアシスト住まいの保険」の
個人賠償責任補償特約が役に立ちそうです。

 

契約者である被保険者と配偶者、
同居の親族、別居の未婚の子供、
あるいは契約者が未成年である場合は、
親などが補償を受けられます。

 

 

保証限度額が非常に大きいのと、示談交渉付きなので、
こちらはいわゆる火災保険の特約に
該当する商品ということになりますね。

 

保証的には自宅が火災に遭う確率より、
自転車で怪我をさせる確率が高いことが
考えられますから、こちらも自転車保険として活用できます。

 

自動車を持っていない、あるいはアパート住まいで
個人賠償特約に入れないという人は、

 

「トータルアシストからだの保険」が傷害保険単体契約が可能なので、
こちらの個人賠償責任補償特約で、
自転車と歩行者などの事故のケースで賠償が生じた場合には、
条件は住宅保険と同じような限度額が
大きい補償を受けることができるようになっています。