自転車保険 ソニー損保

自転車保険 ソニー損保

保険料は走る分だけ」のCMでお馴染み、
ソニー損保の自動車保険。

 

自転車保険単独ではないのですが、
自動車保険特約の「おりても傷害」
特約が、ちょうど自転車保険として
活用できるようになっているんですね。

 

保険金は、満額が1億円。

 

 

 

 

これは個人損害賠償保険金の標準的な金額です。
自動車保険では免責金がありますが、
この補償はそれがありません。

 

 

少し詳しく解説しますが、損害保険というものは、
自動車賠償責任保険というのが、
交通事故など車両が絡む事故の際に、
相手に賠償保険金を支払うということは
よくご存知だと思います。

 

 

ところでこれは、「被害者」にたいする
補償ということなので、過失割合で
自分の怪我が大きく、相手との過失相殺で
自分の過失より相手の過失が大きくなれば、
相手からも保険金は支払われます。

 

 

基本的に、自賠責保険に限らず、
損害賠償とは保険金を自分が
受け取れないのが基本なんですね。

 

 

加えて、補償は人間に対してだけです。
自分が怪我をした場合に使えない代わり、
相手の自賠責保険を使って受け取るケースはよくあります。

 

賠償保険の基本は、
まずこういう仕組みであることを理解しましょう。

 

ソニーの自動車保険の特約である
「おりても特約」などは、傷害保険の分類になります。

 

傷害保険は、自分自身にかけられる保険で、
よく芸能人やセレブが自分の体に保険をかけるというのは、
要するにこの保険の保障を手厚くしているだけで、
そういった保険商品システムあるというわけではありません。

 

仕組みが同じで、掛金設定が異なるだけなんですね。
賠償保険は「被害者に支払う」という認識だと
間違いやすいのですが、「賠償責任が生じた際に支払われます」
というのが正しい解釈です。

 

 

したがって、仮に事故を自分が起こして
自分が大怪我をして入院して、
相手が怪我一つしていない場合は、
場合によっては加害者側にも相手の自賠責保険を使って
保険金を受け取ることになります。

 

 

つまり、過失相殺というのは、
保険会社同士の保険金計算ということです。

 

自動車であれば、自動車同士は
警察の調書が基本で、対人は
過失は自動車側、対自転車も
自動車側に過失が大きくなるようになっています。

 

 

「賠償」とは、どちらかの被害が
大きいか小さいかの違いが重要なんですね。

 

その際に、受取人が
被保険者じゃありませんよ、ということになります。

 

 

傷害保険が賠償保険と違うのは、
契約者が受取人になるということです。

 

特約によって、家族にも補償が
拡大できるようになっています。

 

多くの保険商品は、保険契約者が
保険金を受け取れる場合は、
補償は低く設定されます。

 

しかしながら、自転車という軽車両でも
歩行者に対して、死亡事故が発生する
状況が最近問題になっていますよね?

 

個人賠償保険自体が、今まで保険会社では
商品として独自に商品として提供していませんでした。

 

そこで個人賠償責任補償として、
ソニー損保などが日常事故解決費用特約として、
「日常のあらゆる賠償をカバーする」
保険特約を自動車賠償責任保険に
つけられるようにしたわけですね。

 

 

賠償責任保険ですから、補償は自動車賠償責任と
同等の保証がつけられるため、保険金は高額になります。

 

ただし、自動車の場合は保険金を1度でも使うと
等級は必ず下がって、翌年保険料は上がります。

 

日常事故解決費用特約の保険金を利用した場合は、
主契約の自動車保険等級には変化はないですが、
保険料は上がることが考えられますね。

 

ソニー損保では、「おりても賠償特約」
この保険特約に該当します。